税理士法人ロールスパートナーズ

連絡先
  1. ホーム
  2. 採用情報
採用ページメイン

キャリアアップしたい、支店長を目指したい、将来独立したい―

私たちは、そんな意欲のある新しい仲間を必要としています。

 

当社では、めまぐるしく変わる時代の流れやお客様の声に柔軟に適応する為、

新しいことにも果敢にチャレンジする土壌が整っています。

あなたの経験や知識を生かした新たな挑戦をぜひ聞かせてください!

Point01

働きやすい環境づくりへのこだわり

新規事業にも積極的に挑戦!
ニーズが高まるクラウドサービスの導入支援、経営・財務の面から経営者をサポートするコンサルティングサービスなど時流やお客様の声に柔軟に対応しています。

資格取得を応援!

資格取得をバックアップ!
試験前には有給休暇とは別に、特別休暇も取得可能。試験を迎えるスタッフを事務所全体でバックアップします。資格取得に向けて、多くのスタッフが仕事と勉強を両立させています。

リクルート03

なごやかなオフィス
和気あいあいと明るい職場なのでスグに馴染めます!分からないことがあったら何でも質問してください。

フレキシブルな働き方に対応!
テレワークや時差出勤を導入するなど、働き方改革にも積極的に取り組んでいます。

地下鉄九段下駅 徒歩30秒

九段下駅から徒歩30秒!
2018年4月に新しいオフィスに引っ越しました。駅近く、通勤や終業後の通学にも便利。皇居や日本武道館からも近く、春にはみんなでお花見に行きます。

Point02

数字で見る税理士法人ロールスパートナーズ

男女比

女性も働きやすい職場です

男女比

54

46

平均年齢

若手からベテランまで幅広く活躍中

平均年齢

40.2歳

年齢分布

30代・40代スタッフが多いです

年齢分布

年間休日

オンとオフはしっかりと

年間休日

120日程度

平均担当案件数(法人)

さまざまな事業規模、
業種のお客様がいらっしゃいます

平均担当案件数(法人)

17社

主な使用ソフト

ICS、弥生会計、MF、freee など

主な使用ソフト

4つ

Point03

スタッフインタビュー

高橋由美

NAOMI TAKAHASHI

高橋由美

「一担当者」として経営者と向き合う

2018年、知り合いの社労士の紹介で税理士法人ロールスパートナーズに入社しました。前の会計事務所在籍中に税理士の資格を取得しましたが、アシスタントではなく、一担当者として経営者と向き合いたいという希望がありました。入社する際、その希望を伝えると、すぐに担当を持つことができました。お客様からのご相談、質問に対して最善のアドバイスを提供する、誰かの一生懸命に寄り添い、サポートできることに喜びとやりがいを感じています。当社には、個人事業主の方から連結決算を組む事業規模の法人のお客様までいらっしゃいますので、経験値を上げたいという方には絶好の環境です。

もっと読む →

働きやすい環境で、仕事と家庭との両立も

転職する際“家庭と両立できる、働きやすい職場”というのも重要な条件の1つでした。当社では、自身の体調不良もそうですが、子供の急な発熱や学校行事、親の介護などでも気兼ねなく休みを取ることができます。新型コロナウイルスの感染拡大前から、テレワークを一部導入しておりましたが、コロナ禍においては、いち早く時差出勤や本格的なテレワークを推奨するなど、スタッフの安全にも配慮しています。柔軟な働き方のおかげで、仕事と家庭を両立することができます。

自由闊達で、エネルギーにあふれた職場

自由闊達なとても風通しの良い職場です。他愛ない会話でコミュニケーションを取りつつ、業務をするときは各自集中するなど、ほどよい距離感で仕事ができているなと感じます。また、会計事務所では所長の人柄がその事務所全体の雰囲気を決めるといっても過言ではありません。代表の平松はおおらかですが、エネルギーにあふれているので、スタッフも活力のある人が多く、やりたいことに積極的にチャレンジしています。

自分で限界を作らず、さらなる高みへ

経験に応じて、任される仕事の幅も広がり、担当する関与先の事業規模もだんだん大きくなってきました。大変なことも多いですが、自分に限界を設けず、自分の可能性を広げていきたい。出会いを大切にしながら、何にでも興味をもってやっていきたいと思います。

KIMIHIKO WADA / Manager

和田公彦(マネージャー)

出会った時のフィーリングで決意

入社を決意した一番の理由は、代表の平松と「フィーリングが合った」ことです。税理士を目指していたので、トップときちんとコミュニケーションが取れることを重要視していました。最初の面接の段階で、相性の良さを感じることができたのは、私にとってとても大きかったです。

もっと読む →

経験者からの有益な情報を得て、税理士の道へ

税理士試験の勉強をしているスタッフは、担当する案件の負担を軽くする配慮もされています。また、大学院に通っているスタッフも多く、学校情報や論文の書き方のポイントなど、有益な情報を得ることができます。私自身、大学院に行くという選択肢はなかったのですが、経験者のアドバイスをきっかけに大学院に入学し、その後2019年に無事、税理士登録を果たしました。経験者やきちんとした税法の知識を持った人が身近にいたことは、大変心強かったです。

独立ではなく、社員税理士を選んだ理由

税理士法人ロールスパートナーズでは、税理士の資格取得後に独立を選択するスタッフもいます。なぜ、私が「社員税理士」を選んだかというと、「代表の平松と共にやっていきたい」という想いがあったからです。それから、人材育成に携われるというのも大きな要素です。当社では、20代から50代までさまざまな年代のスタッフが日々切磋琢磨しながら、お互いに成長しあっています。全体が成長すれば、大きな力を発揮し、いろいろな案件に立ち向かうことができる。一人だとなかなか味わうことのできない、チームプレーの醍醐味を感じることができるということも選択した理由の1つです。

リーダーとして心掛けていることは、「飽きさせないこと」

当社では、数名ずつのグループ編成をとっています。私がリーダーとして心掛けていることは、各々の適性や力量を見ながら仕事を任せ、好きなこと・やりたいことに積極的にチャレンジしてもらい「飽きさせないようにすること」です。税理士を目指しているスタッフばかりではないので、そういったスタッフにとっても、やりがいをもって仕事をしてもらいたいと常々考えています。

新たなことへの挑戦

2020年9月、神奈川に支店を移転し、支店長になりました。東京とは異なる環境で、いかにお客様を増やし、事務所を軌道に乗せられるかは、私にとっても大きな挑戦です。社員税理士として、独立してやらせてもらっているので、使命感を持って支店のマネジメントをすることができます。また、税理士になったことで、他の士業の方と新たなネットワークが増え、そういった方々と連携してお客様のサポートができるなど、世界が広がっていく楽しさを実感しています。
会社全体としては、新しい試みとしてクラウド導入支援や経営財務コンサルティングサービスを立ち上げました。これらの新しい事業を軌道にのせ、本格的なものにしていく道筋を作りたいと考えています。
お客様の数も年々増え、今後も新たに支店展開を目指しているので、きちんと権限が付与されるかたちで支店長になることができます。一緒に会社を成長していく仲間が増えることを心から願っています。

和田公彦
木村航太

KOTA KIMURA / Manager

木村航太(マネージャー)

意見の言える環境

最近はさすがに潮目が変わりつつありますが、会計業界は「資格と経験の双方があって初めて一人前である種職人の世界」というイメージは強く、経験の少ない若手はなかなか自分の主張ができなかったり、いつまでたっても同じ簡単な業務しか任せてもらえないような事務所も多々あります。税理士法人ロールスパートナーズでは「どんな働き方をしたいか」「どういうキャリアを積みたいか」など、自身の意見と事務所が自身に求めているものを確認する機会が作れることが入社当初の自分にとってよかったと思います。

もっと読む →

熱量のある経営者とともに

当社の顧問先は、芸能関係、IT関係、不動産業など業種や業態、事業規模もさまざまです。しかし、総じて言えることは「熱量のある経営者」が多いということです。
顧問先が固定されてくるとやることがルーティン化してしまい、物足りなさを感じてしまう人もいらっしゃると思います。当社のお客様は、向上心のあるパワフルな経営者の方が多く、その熱量に応えることは大変なことももちろんありますが、とても刺激になり、やりがいを感じています。

個人を尊重しつつ、困ったときには寄り添い、頼られる存在へ

リーダーに任命された当時は、年齢や経験値からしても「どうして自分が」というとまどいもありました。担当するお客様の特徴もつかみ、仕事と勉強のバランスを見ながら、軌道に乗りかけている時期でもあったので。不安もありましたが、共に成長し、自分自身もスキルアップできるチャンスなのではと思い、引き受けました。
「自分で考えて行動する」というのが当社の基本スタイルです。ですので、グループのメンバーに対して、期日などの最低限のチェックはしていますが、それ以外は細かく口を挟んだりはせず、個人の裁量に任せています。ただ、キャパシティを超えた質問や課題には寄り添い、共に考えながら、お客様にとってベストな方法を提案しています。

経営財務の観点からも経営者をサポート。先行者としてやるべきこと。

税務顧問としてするべきアドバイスが、もっといろいろな切り口でできるのではと常々考えていました。それにより顧客満足度も高まり、延いては報酬アップにもつながるからです。そこでたどり着いたのが、経営面、財務面から理想と現実のギャップをオールマイティにフォローする「経営財務コンサルティング」でした。経営者が1年後どうありたいかをまずはヒアリングし、その目標を達成するために、今できていることとできていないことが何かを細かく洗い出す。そうやって財務(数値)と経営(現場)を連携させてPDCAが回せるようになるお手伝いをさせていただきます。AI化が加速する中、従来と同じようなサービスをしているだけでは、会計事務所も生き残れません。毎年作る決算書を単なる計算書に終わらせるのではなく、1年間の紆余曲折合った経営の結果として向き合うことにこそ、ニーズがあるのではないか。事務所のサービスとしてもそういったことができること、そしてそのサービスを提供できるスタッフがどれだけいるかも重要です。それには、ノウハウが標準化されている必要があります。実績を積み、事務所のサービスの強みとして標準化させるのが、先行者の私が果たすべき役割だと思っています。

MONDO KASHIWAZAKI / Manager

柏崎主人(マネージャー)

10年後20年後が描ける場所で、また働きたい。

2008年当時、代表を含めてまだ数名規模の、前身である平松会計事務所に入社しました。他社からも内定をいただいていましたが、大きな組織で働くよりも、少人数でも「自分が必要とされている」と実感できる場所で働きたいと思い入社を決めました。その後、一旦は退職しましたが、30代も後半になり、「10年後、20年後のビジョンが描けるところで、働きたい。自分の個性を受け入れてくれる経営者のもとで働きたい」という想いが強くなり、復職させていただきました。
コミュニケーションが得意な人、知識や実務経験が豊富な人、数字に強い人、仕事が丁寧な人、ものごとに柔軟で積極的な人などいろいろな個性がありますが、代表の平松は、どの個性も尊重し、個々のいい点をきちんと認めてくれる経営者です。

もっと読む →

ストレスをためずに勉強にも取り組める

仕事と勉強の両立というと、時間に着目されがちですが、「どれだけ仕事でストレスをためずに勉強に打ち込めるか」というのも重要です。税理士法人ロールスパートナーズでは、ある程度個人に権限が付与され、自分の裁量で調整することができるので、精神的にもストレスをためずに仕事と勉強を両立することができます。また、休暇も取得しやすく、時間の調整がしやすいのも魅力の1つです。また、新型コロナウイルスの流行に伴い、今でもテレワークを継続して導入していますが、スタッフを信じて権限を与えているからこそ成り立つことだと思います。

経営者とのコミュニケーションを大切に

会計帳簿の入力、月次資料の作成、顧問先への訪問が普段の業務ですが、常に心がけていることは「経営者とコミュニケーションをとり、どう信頼関係を築くか」ということ。そうすることで、会社が窮地に立った時に意見を求められる、そして自分の声が経営者に届く。そうやって、お客様の役に立てていると感じる時にとてもやりがいを感じています。

ロールスパートナーズらしさを失わずに、成長の役に立ちたい

事務所の規模を大きくするという目標がありますが、単純にスタッフやお客様の数が増えるだけでは意味がありません。今の“ロールスパートナーズの良さ”を失わずに成長していくために、自分にできることは何かを考え、これからも、その成長の力になりたいと思っています。まだまだ発展途上の事務所です。同じ志を持つ方と一緒に働けることを願っています。

柏崎主人

Point04

所長から一言

代表税理士 平松高志

TAKASHI HIRAMATSU

Representative Tax Accountant

代表税理士 平松高志

税理士を目指したきっかけは?

父が税理士として活躍していたことが、私が税理士を目指すきっかけでした。
2005年ワンルームマンションから平松会計事務所としてスタートし、お客様や関係先からの紹介だけでここまで成長することができました。わずか数名で始めた個人事務所でしたが、2019年には法人組織化し、今ではスタッフも約30名となりました。一緒に支えてきてくれたスタッフには心から感謝しています。

税理士業に対する姿勢

開業当時から一貫して税理士として「経営者の役に立ちたい」という想いは変わりません。
これまで、会計に関すること、税に関すること、経営に関することなど、多くの方々からさまざまな相談を受けてきました。相談されるということはお客様との信頼関係が結ばれているからこそ。私自身、強い信頼関係を築きあげていくところにやりがいを感じています。「お客様と共に成長する」---それを体現している事務所であると自負しています。

もっと読む →

採用選考で重視していることは?どういう人材を求めているか。

税や会計に関する知識や経験も大切ですが、まずは「コミュニケーション能力」が重要です。お客様や関係先はもちろん、社内においても同じことが言えます。新しいお客様が増えるきっかけにもなりますし、仕事が円滑に進むようになりますからね。
また、社会情勢などにより会社は常に変化していきます。企業のサポート役として、その変化に柔軟に対応する力が必要です。仕事に対して真摯に向き合い、常にブラッシュアップする努力を惜しまない方を求めています。
それから“支店長になりたい!”“将来独立したい!”“高度な専門知識を習得したい!”といった挑戦心をお持ちの方も大歓迎です。「大きな目標を持つ方なら、きっと自己実現へ向けた努力を重ね、ともに成長できるのでは。」と考えるからです。

税理士法人ロールパートナーズだからこそできる経験とは?

担当を任されて、直接お客様とやりとりする経験を積むことができるということです。
それは、決して楽しいことばかりではありません。柔軟性や冷静な判断も求められ、責任も伴います。でも、大丈夫です。失敗を恐れずどんどん挑戦してください。当社には、安心して裁量を発揮できる環境が整っています。

仕事をする上でのモットーは?

「仕事は楽しく」・「前向きに取り組む」・「何事にも挑戦する」です!

今後のビジョンは?

おかげさまでお客様も年々増えており、今後も会社の成長に伴い、支店展開をしていく予定です。また、当社ではお客様の業種を絞っておりません。芸能関係、飲食業、不動産業、IT、建設業、金融業など、いろいろな業種のお客様との出会いは新鮮で面白みもあり、事務所としての厚みや幅が広がるからです。同じように、いろいろな経験をもった方々に入っていただき、より一層お客様にご満足いただけるサービスを充実していきたいと考えております。そのためにも、ぜひ、あなたの力を貸してください。

募集要項
Application Details

職種

税務スタッフ

雇用形態

正社員

仕事内容

・税務会計全般
( 会計入力 / 月次・年次決算 / 巡回監査 / 各種申告書作成 / 経営相談 )
・その他コンサル業務
( 資産税関連業務 / 資金調達業務 )
・クラウド会計、freee導入支援 など

応募資格

会計事務所での実務経験のある方
※申告書作成までの業務を一通り完結できる方を想定しております

<歓迎>
・税理士
・税理士科目合格者
・マネジメント経験のある方
・上昇志向、独立志向のある方

給与

マネージャー候補    年収600万円~
税務スタッフ(経験者) 年収400万円~
※前職年収・経験・スキル等を考慮の上決定します。

待遇/福利厚生

各種社会保険完備
資格取得支援制度
独立支援制度
定期健康診断(年1回)
通勤手当(全額支給)
賞与 年2回
税理士会費、登録費事務所負担

勤務地

九段下事務所
〒102-0073東京都千代田区九段北1-3‐1 VORT九段下8F

勤務時間

9:00~18:00(休憩60分)

休日休暇
  • 完全週休2日制(土、日、祝)
  • 有給休暇(初年度は10日付与)
  • 年間休日(120日程度)
  • 夏季休暇
  • 年末年始休暇
  • 慶弔休暇
  • 試験休暇
  • 裁判員制度休暇
  • 育児休業
選考方法

書類選考 → 一次面接 → 二次面接 → 採用

備考

募集人数:複数名

応募フォーム
Entry form

お名前(必須)
フリガナ(必須)
性別(必須)
年齢(必須)
メールアドレス(必須)
電話番号(必須)
応募区分(必須)
自己PRなど

初回ご面談料は無料です。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

九段下事務所

〒102-0073 東京都千代田区九段北1-3‐1 VORT九段下8FMAP
地下鉄九段下駅 5番出口 すぐ

神奈川事務所

〒243-0436 神奈川県海老名市扇町5-7 リコーフューチャーハウス4FMAP
小田急線/相鉄線海老名駅 西口 徒歩5分

大阪事務所

〒541-0054 大阪府大阪市中央区南本町1-3-9 サンコービル307号MAP
堺筋本町駅 1番出口 徒歩1分

  • free認定アドバイザー
  • MoneyForwordクラウド公認メンバー
  • 相続税サイトへ

PAGE TOP